ガイダンス

キャップボルトなど製品をチェック|安全工事には高品質な製品が重要

持ち運びに便利な土のう

現場

土のうなどの製品は建設現場や工事現場で活躍するだけでなく、災害時の対応などにも流用されることがあります。
特に浸水や川の氾濫などが発生した際には土のうを利用して水をせき止めたり、水が住宅や設備などに侵入しないようにするための壁役として土のうを積んだりすることが多いです。最近では吸水土のうなどの新製品が登場しており、より簡単に土のうを利用して工事や災害対策などが実行できるようになってきました。浸水対策や工事作業などで土のうを利用する場合は、さまざまな種類の土のうの中からそれぞれの目的に合った土のうを利用するようにしましょう。吸水土のうなどの設備は開発している会社に問い合わせを行なうことで、どの企業でも簡単に入朱することが可能です。

吸水土のうはその名の通り吸水性がとても高い土のうであり、土のうとして利用する前はとても軽量で複数を一度に持ち運びできるほどの軽さを持っています。
しかし水などに浸して数十分程置いておくと水をどんどん吸収し、従来の土のうと同じようにとても重量が重くなるため土のうとしての効果を十分に発揮することが可能です。利用する前はとてもコンパクトになっているため、多くの建設会社で吸水土のうは利用されるようになってきました。置き場所にも困らずに持ち運びも簡単に行える土のうを利用したい場合は、吸水土のうを購入していつでも土のうをすぐに準備できるように対応しましょう。しかし保管する際は水気がない場所で保管するようにし、保管している間に吸水効果を発揮してしまわないように注意しなければなりません。